擬似恋愛トラブルとは?

ホスト、キャバ嬢、ホステス専門調査を女性探偵社ヒューマナイツでは行っています。

夜の繁華街では大勢のホスト、キャバクラ、ガールズバー、風俗店が立ち並んでいます。

日本の総人口約1億2751万人に対して、水商売で働く人の人口は約200万人(1.57%)と言われています。
(2011年統計)

水商売の市場で動くお金は大きいです。しかし、大きい金額が動くだけに、
金銭に関するトラブルはあとを立ちません。

そこで夜のお店の独特な商売体型である「擬似恋愛」のトラブル、
金銭トラブルの被害を少なくするためにヒューマナイツでは
水商売を中心に専門的な調査を行っております。

水商売の擬似恋愛トラブル、金銭トラブル

擬似恋愛トラブルとは、如何なるものでしょうか?

そもそも擬似恋愛とはその名のとおり疑似の恋愛ということですが、
遊びか本当の恋愛か分からなくなってくる時にトラブルが発生します。

「将来結婚したいね!」などと言い合っていたとすれば、少なからず本気なのか?と思うのが人間の心です。

しかし、相手は水商売の営業トークかもしれない。

真相は誰にも分かりません。

このような状況が長くなると、人間の心理としてはかなり複雑です。

不安で心配で、かといってほかの人と付き合ってもよいものか?
などと考えてしまうでしょう。

中には10年も本当に付き合っているのか分からないまま婚期を逃してしまう人もいます。

そこで「将来幸せにするからお金を貸してほしい」
などと言われたとします。このような場合、連絡がつかなくなるなどという場合に二次被害の金銭トラブルが発生します。
警察に相談したとしても、借用書も無いとなると相手にしてもらえるでしょうか。

私達にお任せください。

そのような時に相手の異性関係、素行調査をします。
しかし、相手の事をストーカー目的で調査するなどということは違反行為です。

本当にトラブルになりそうな時、トラブルが起きた時にご相談ください。
そのような被害を無くすため、お力になります。

料金は女性の水商売専門調査に限り

1時間3,500円(1名 車両、GPS、ビデオカメラ、DVD映像、報告書等の基本装備付き)

お問い合わせはTEL:0120-712-762までどうぞ。

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0