ホスト・キャバ嬢・ホステスと付き合う時の心得

ホスト・キャバ嬢・ホステスと付き合う時、異性関係が心配になることが多いことでしょう。

水商売業界に詳しいヒューマナイツが心得をお伝えしたいと思います。

相手の異性関係が不安にならないぐらい愛している、信じれる関係であれば問題無いでしょう。
遊びにしてもうまく自分とお金をコントロールし、情などの感情が相手に移らない自身があるならそれも問題ないといえるでしょう。

しかし、人間の心は移ろいやすく、人間同士ある程度付き合いがあれば何らかの感情が出てくるのは不思議ではありません。

もし感情が入ってしまい、本当に相手のことを好きになってしまった時の対処法、心得を紹介したいと思います。

①相手が自分に営業している事を知りながら一方的に好きになった。

:この場合は、自分で納得した上で好きになるなら問題は少ないでしょう。しかし、一方的に好きになってその人しか見えなり、お店に頻繁に行き、お金を落としてしまうのはあまり良い状態とは言えませんね。恋は下に心と書くので下心と呼ばれます。その相手がが理想だとしても、必ずしも自分に合ったパートナーとは言えません。遊びなら遊びと完全に割り切ることが必要です。案外付き合ってみると全然想像と違っていたというのはよくある話です。相手の良い部分しか見せないプロの水商売のキャストだからこそ、完璧に見えるので注意してください。

反対に、ダメな部分があり、どうにか私がしてあげないといけない。というのも苦労が付き物なので注意してください。共倒れになっては元も子もありません。

 

②相手が本当の彼女・彼氏という場合で営業なのかわからない場合。

:これが問題です。ホストの場合は、あちらから「本当に好きになった。付き合ってくれ。将来必ず幸せにするから」など甘い言葉で感情を揺さぶります。中には本当に同棲までして何年か一緒にいたのに本営業だった。という話もあります。別れてから何年もした後で色営業だったと判明した、という話もあります。同棲などしていると、騙されているとは想像しにくいですが、相手の言動をよく観察してみてください。もし自分が本当に好きな人がいたらその人に対する言動を、相手も自分にしているかどうかをチェックしていればわかります。また、それでも分からない場合は当社の調査・工作を活用することで判明することが出来ます。例えば、同棲してる相手が本当に本営業でないかを調べる時には工作をします。直接相手のお店に出向き、対象者に接近します。次に、心理戦の得意な工作員が親密な友人関係にまで持っていきます。そこで「本当の彼女っているの??」と聞き込みをします。そこで真実が判明します。

 

工作については、様々な工作があり、ケースバイケースによって変化します。例えば、ホストの彼氏が心配だとして、相手が何を考えているのか知りたい場合は工作員が対象者の店に出向きます。
次に、わざと営業を受けます。そうすることで相手の営業の方法が読めます。そこで依頼者様に対する態度が工作員が受けた営業と照らし合わせることで似ている箇所などを発見したら、営業とみなすことができる、といったようなものも工作です。

依頼者様の状況などに合わせて相談しながら計画を立てていきます。

 

 ③営業でないのが分かっているのが前提で、異性関係が不安な場合

:異性関係が不安なのは、相手が水商売でなく普通の男女でも付きまといます。普通の男女が結婚しても不安は当然あるでしょう。しかし、不安な状態は辛いよね?中には食事が喉を通らない、夜心配で眠れない方も多くいます。不安が原因で相手を束縛しすぎると、最悪な場合別れが訪れる場合もあります。不安な状態でいると元気や活力が無くなり、仕事などにも差支えが出てきます。もちろん、身体にもよくありません。元気が無いと、免疫力が下がってくるという話もあります。
男女には、永遠に相手を好きでいるという保証はありません。本当に結婚してから死ぬまでずっと一緒のパートナーとは、恋愛や恋とは違います。生きていくのに必要な相手か?自分にとって本当に必要な相手かが判断の鍵です。あなたが悩んだとき、相手はあなたの欲しいアドバイスをくれますか?一緒にいて安らげる、安心できる存在ですか?お互いに高め合い、成長し合い、欠けた箇所を補い合う事ができる関係ですか?話は合いますか?一緒にいて誰よりも楽しいと思いますか?

何より相手を自分と同じように愛していますか?ここまでがクリアできればその愛は本物です。心配は要りません。絆を深めてください。相手を最後まで強く信じる事が大切です。そして、愛しているなら相手を自由にさせてあげましょう。自由な交友関係の中で相手が自分を選んでくれているなら信じれるでしょう。

もしそれでも不安な場合は無料でカウンセリングを受け付けていますので
フリーダイヤルかメールでご相談ください。

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0